大学の1号館
 奈良県立大学リポジトリ:試行版
(地域創造データベース)
 

奈良県立大学リポジトリ(地域創造データベース)について

奈良県立大学リポジトリ(地域創造データベース)について

 
 奈良県立大学では全学的な教育改革に取り組み、新たな教育システムとして、フィールドワークを重視した実践的教育、ゼミ教育を中心とする「学習コモンズ制」を導入しました。この教育システムでは「観光創造」、「都市文化」、「コミュニティデザイン」、「地域経済」という4つの領域のコモンズ(学習共同体)を設け、各コモンズは、市町村との連携も含めて、地域を志向した教育・研究・社会貢献に取り組んでいます。 

 そして、この全学的な教育改革の一環として、附属図書館では各コモンズで取り組んだ研究や学習の成果を収集、整理、保存して学内外に公開するためのデータベースシステムを構築しました。このシステムが「奈良県立大学地域創造データベース」です。(2018年3月末まで公開予定)

 「奈良県立大学リポジトリ(地域創造データベース)」は、国立情報学研究所の共用リポジトリシステム(JAIRO Cloud)を利用してこの「奈良県立大学地域創造データベース」を発展的に継承していきます。